墓石購入で言い争いをする両親

そろそろ2人ともが還暦を迎えようとしている両親。まだ定年退職前の仕事をしていて経済的にも余裕がある今の段階で墓石を購入しようとの話になったようです。ここ数カ月は毎週日曜になれば墓石の見学に始まり、墓石の設計相談などの用事で出かけることが続いています。今の段階では墓石を購入する業者は決定したようで、後はどのような墓石にするかとの話し合いになっている様子です。

時宜に適った追悼のあり方 ― ドイツの場合 - Goethe-Institut 

しかし、最近は2人が墓石業者との打ち合わせから帰ってくるたびにお互いが険悪なムードになって、口論になっています。自分からしてみると若いということがあるのかもしれませんが、なんで墓石購入で言い争いをしなければならないんだと思ってしまいます。しかし、その言い争っている内容には少し興味があったので、うるさいと思いながらも聞き耳を立ててみました。

神戸市:慰霊と復興のモニュメント1.17希望の灯り

そうすると、墓石のデザインから使う石の種類、そして費用の面まで全てのことで言い争いをしていて笑えました。父親は従来の日本型墓石を希望しているのに対し、母親は洋風のちょっとオシャレなデザイン墓石を希望しているとのこと。そして、そのデザイン墓石にする場合、ちょっと変わった色付きの石材を使用したいこと、そしてその石材を使用するには費用も割増しでかかってしまうようなのです。全ての事柄について父と母は対立しているようで、話は平行線のままの様子。

宮城 墓石

結局は同じ墓石に入るのだから、ここは仲良くどちらかの意見に譲っておけば良いのにと思いましたが、そんなことは言えないままです。しかし、墓石は一生に一度の買い物になるでしょうから、両親お互いがこだわりを捨てないのも一理あるのかななんて思ってしまいました。