国産車は真面目な日本人の象徴だと思います

車がないと生活が不便で困るということは無いでしょうか。都心部では公共交通機関が発達しているので、車が無くても何とかなるという方も多いかもしれませんが、地方に行くと車が無い事にはどこに行くのも大変と言うところが多いと思います。

廃車

しかし、車を維持しようとするとそれなりにお金が掛かりますから、複数台所有しているところなどでは、軽自動車の比率が非常に多いような気がします。この軽自動車。あまり海外では見ない日本独自で発達しているタイプの車で、特に狭い道しか無い日本ならではという感があります。

電気自動車の仕組み

このように国産車は日本人にとって必要な方向を探し出して、かゆいところに手が届く発達をしていってくれる存在だと感じないでしょうか。細やかな気配りを感じさせられる、まさにまじめな気質の日本人が作り出した、象徴的名存在だと思います。故障が少なく、音も静かで、燃費もどんどんと良くなり、アフターサービスまでばっちりで、買ったときだけでなく、売るときまで面倒を見てくれます。

知って得するオイルの知識 - シェルヒリックス(エンジンオイル) - 昭和シェル石油

ですから、海外では自分でボンネットを開けて修理をしている光景を見ますが、日本人が自分でボンネットを開けて修理をしているところは、ほとんど見かける事がありません。売る人も、買う人も真面目な日本人ならではの、国産車といえるのではないでしょうか。