日本のダンスとその魅力

日本のダンスと言われた場合、我々日本国民は、どのような踊りを思い浮かべるでしょうか。誰にでもかまいませんので訊ねてみれば、もしかしたら「日本舞踊」という回答が返ってくるかも知れません。確かに日本舞踊は日本のダンスの総称と言えるでしょう。

ダンス | 通信制高校なら専門分野に強いヒューマンアカデミー高校

日本の伝統的な舞踊は、大きく三つの種類に分けられます。「舞」「踊り」「振り」です。

舞は、宮廷の祭祀に奉納される雅楽や舞楽などがあり、民間では農作物の豊穣を願う、神楽や田楽になります。その中でも舞台演劇に特化した物としては能楽が挙げられます。舞は、重々しい歌や音楽に合わせて、摺り足で舞台を踊り廻るものであり、我々現代人から見ると、やや貴族的な舞台芸能という印象があります。

TRF / EZ DO DANCE - YouTube

それに対して踊りは、軽やかな歌や音楽に合わせて、身体全体を使って、動きのある身振り手振りを繰り返すものです。盆踊りなどは、我々にとっても、非常になじみのある慕わしいものかと思います。その中でも阿波踊りや郡上踊りなど、観光資源として認識されているような、その土地独自の踊りもあり、江戸時代以降大変発展してきました。

最後に振りですが、舞や踊りはすぐに理解できても、「振り」という日本舞踊があるのかと初めて知る人も多いかも知れません。振りは歌や音楽に合わせて、日常的なしぐさなどを舞踏として表現したもので、江戸時代の歌舞伎や人形浄瑠璃の隆盛に伴って派生した踊りです。屏風を立てた座敷で舞う上方舞や、浄瑠璃や長唄の伴奏のついた歌舞伎舞踏などがあります。

ダンススクール 仙台

日本のダンスは、これまで見てきた外国諸国に比べても、一種独特で美しい踊りです。また、和楽器を使用した素朴でありながら格調高い音楽や、舞踏の際の衣装なども、民族性のあらわれたもので、非常に華やかで風情があります。昨今、伝統的な日本舞踊は若い世代から敬遠されがちですが、今一度、その伝統と美しさを見直すべきなのではないでしょうか。